飲む日焼け止めの選び方|UVサプリのおすすめ成分ニュートロックスサン・フェーンブロック・PLエキス

Misuzu
2016年から続々と「飲む日焼け止め」として新たな商品が誕生してきていて、どれを選んだらいいかわからなくなっていませんか。
今回はそんな人のために、飲む日焼け止めサプリメントの選び方を紹介します。
スポンサーリンク

紫外線の種類+近赤外線と肌への影響

たくさんある飲む日焼け止めサプリメントの中で効果が期待できる商品を選ぶには、まずは太陽光にはどんな種類があり、お肌の光老化などにどのように関係しているかを知る必要があります。 別ページで詳しく紹介しましたのでご覧ください。

紫外線と近赤外線を波長で並べた位置関係 まずはシミやシワ、タルミなどの原因となる光線の波長についておさらいしましょう。 上の...

塗る日焼け止めとのむ日焼け止め

「紫外線の種類+近赤外線と肌への影響」を見ていくと、紫外線や近赤外線によって光老化を起こす原因は、活性酸素を含むフリーラジカルの発生などによる『炎症』『細胞/DNAの損傷』『皮膚構造のダメージ』『色素沈着』にあるのがわかります。
それに対抗するために日焼け止めを使うのですが、塗る日焼け止めと飲む日焼け止め(サプリメント)ではアプローチの仕方が違います。

塗る日焼け止め

塗る日焼け止めは、肌の表面に紫外線や近赤外線をブロックまたは吸収する成分を塗ることで、紫外線や近赤外線が肌の内部に侵入しないようにします。

塗り忘れてしまったり、汗をかいたり、水に濡れたりして拭いてしまえば効果が薄れるので、こまめな塗り直しが必要です。
残念ながら塗りムラや塗り忘れでうっかり日焼けしてしまった場合の対応策は、塗る日焼け止めにはありません。

また、強力なブロック効果がある程、お肌の刺激になると考えたほうが良く、お肌の為には、海やプールといった強い日光にさらされるうえ、水にも濡れる場所では、最強のSFP50+/PA++++でウォータープルーフタイプを、街中で使用する普段使いは、SFP20~30/PA++程度の肌にやさしいタイプをといった、場所や日光に当たる時間にあわせて使い分けをする必要があります。

最強の日焼け止めを毎日使用し続けて肌荒れを起こしてしまうといった、本末転倒にならないようにしましょう。

飲む日焼け止め(サプリメント)

飲む日焼け止め(サプリメント)は肌の表面に紫外線や、近赤外線をブロックする膜を張るわけではありません。

活性酸素を含むフリーラジカルの毒性を中和する抗酸化成分などや、炎症を抑える抗炎症成分、タンパク質やDNAの損傷を抑える成分など、紫外線や近赤外線が侵入してきても、ダメージを抑え、光老化を起こさないように、内側からアプローチします。

全身に有効なので、「うっかり足にビーチサンダルのあとが。。。」なんて心配もありませんし、シーンによっての使い分けもありませんので、塗る日焼け止めのような面倒がありません。

また、通常は日焼け止めを塗らない衣類の下も有効なので、シャツの下のうっかり日焼けも防げます。

しかし、いざ「飲む日焼け止め」を選ぼうと思っても、活性酸素を中和する抗酸化作用のある成分も、炎症を抑える抗炎症作用のある成分も、メラニンの生成を抑える成分もいろいろな成分があります。
「飲む日焼け止め」として商品化されているもの中には、抗酸化作用のある成分を含んでいるから飲む日焼け止め、というような少々その効果が怪しそうなものもあるようです。

「飲む日焼け止め」を選ぶ際は、その効果が実証されている成分を含んだサプリメントを選ぶのが安心です。

そこで今回はお勧めできる成分
ニュートロックスサン(NutroxSun®
フェーンブロック(Fernblock®
PLエキス
の3つを紹介します。

ニュートロックスサン(NutroxSun®

ニュートロックスサン(NutroxSun®)の成分

ニュートロックスサン(NutroxSun®)は、地中海のシトラスの果実とローズマリーの葉のみから抽出したエキスから作られた100%天然の成分です。
地中海沿岸の植物は、強烈な日光から身を守るため特殊な防御メカニズムを持っています。

ニュートロックスサン(NutroxSun®)の効果

強烈な日光のなかで育った植物の中でも特に高い抵抗力を持つシトラスの果実とローズマリーの葉に含まれる、光防御抗酸化抗炎症作用を持つエキスが3つの働きをしながら肌を守ります。

  1. 細胞外マトリックス(コラーゲン、エラスチンなど)の破壊を防ぎます。
  2. 細胞内のDNAの活性酸素による損傷を防ぎます。
  3. 炎症作用の最小化します。
    照射後に起こる組織損傷を最小化しますので、日焼けしてしまった後に飲んでも有効です。

ニュートロックスサン(NutroxSun®)の開発機関

スペインの企業Monteloeder社とNutrafur社の科学チームの共同が10年の歳月をかけて研究開発し、特許を取った成分で、ムルシア大学やミゲル・エルナンデス・デ・エルチェ大学をはじめとする様々な大学や研究機関も研究に携わっています。

ニュートロックスサン(NutroxSun®)の副作用

ニュートロックスサン(NutroxSun®)には副作用はありません
毒性研究により人体への安全性が実証されています。
しかし果物にアレルギーのある方は注意が必要です。

また、念のために妊婦さん・授乳中の方は服用を避けることをおすすめします。
飲みたい場合はかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

どれぐらい飲めば効果が現れる?

健康な被験者を対象とした研究によると、毎日摂取し続けた場合、56日後34.2%の保護力が現れ、85日後には保護力は56.1%に達したそうです。

即効性はないようなので、初めて始める人は太陽光が気になりだす、3か月前から飲みはじめ、1年中飲むのが良さそうです。

1日にの摂取量の目安は?有効時間は?

ニュートロックスサン(NutroxSun®)の公式サイトでは、1日250mgを推奨しています。
効果は飲んでいる間中24時間持続しています。
数回の飲み忘れでは効果は消えませんが、飲み続けることが推奨されています。
また、日焼けしてしまった後でも、摂取すればダメージの軽減に有効です

ニュートロックスサン(NutroxSun®)の公式サイトは

ニュートロックスサン(NutroxSun®)には日本語で読めるサイトが用意されています。

ウェブサイトはこちらです。画面右上に言語を選ぶスイッチがあります。

Una formula natural que protege todo tu cuerpo del sol. Hasta un 56% más de protección frente a los rayos UV

ニュートロックスサン(NutroxSun®)配合のおすすめサプリメントは

ニュートロックスサン(NutroxSun®)は他の会社での使用を認めており、特許成分の使用量を支払えば使うことができますので、日本の多くの日焼け止めサプリメントにはニュートロックスサン(NutroxSun®)が使用されています。

しかしその使用量が推奨量の250mgを満たしていて、美白/美肌成分も追加されているサプリメントでおすすめなのは、現在のところ『インナーパラソル16200』と『ホワイトヴェール』になります。
私も取り寄せてみましたので別のページで紹介いたします。

塗る日焼け止めとインナーパラソル16200の違い 塗る日焼け止め 塗る日焼け止めの特徴 お肌の表面に日焼け止めを塗り保護膜を作...

どちらも日本人のニーズにあわせた、日焼け止めサプリメントになっています。

フェーンブロック(Fernblock®

フェーンブロック(Fernblock®)の成分

フェーンブロック®は、太陽光線に対する自己防衛と修復機構を発達させた、中央アメリカに生息する熱帯性のシダ植物であるポリポジウム・ロイコトモス(Polypodium leucotomos)から抽出されたエキスで作られています。

フェーンブロック(Fernblock®)の効果

太陽光線に対する抵抗性

フェーンブロック(Fernblock®)は、皮膚や粘膜(目など)の太陽光に対する抵抗性を高め、UVBによって引き起こされる、赤くヒリヒリとした日焼け(サンバーン)に対する保護力を高めます

抗酸化と抗老化

フェーンブロック(Fernblock®)は体内に発生した活性酸素などのフリーラジカルを無毒化する抗酸化力が強く皮膚の構造の損傷を抑え、しわ乾燥色素沈着といった光老化を抑えます。

DNAの保護と修復

紫外線によってDNAが損傷を受けると、皮膚がんといった深刻な事態を招く可能性があります。
フェーンブロック(Fernblock®)は、DNAのダメージを軽減し、DNAの自己修復するのを助けます。

バリア機能の保護

太陽光線を浴びると、お肌表面のバリア機能を弱めてしまいます。
フェーンブロック(Fernblock®)は、そのバリア機能が健全な状態を保てるように保護・調節します。

皮膚科医で処方される信頼できる成分

フェーンブロック(Fernblock®)は、太陽関連アレルギーの人々の症状を軽減するのに効果的であることが証明されており、フェーンブロック(Fernblock®)が配合されたサプリメントは、日本でも以前は皮膚科で処方してもらうか、個人輸入するサプリメントでした。

今はAmazonでも楽天でも購入することができます。

フェーンブロック(Fernblock®)の開発機関

FernblockRは、IFC (Industrial Farmaceutica Cantabria, S.A.)グループがハーバード・メディカルスクールの皮膚科および光生物学の有力な専門家グループと共同で15年の歳月をかけて開発され、特許を取得した成分です。

フェーンブロック(Fernblock®)の副作用

フェーンブロック(Fernblock®)天然の抽出物です。
数多くの臨床試験や15年以上にわたる世界中での商業化において、副作用は報告されていません
しかしシダ植物にアレルギーのある人は注意が必要です。

また、念のために妊婦さん・授乳中の方は服用を避けることをおすすめします。
飲みたい場合はかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

どれぐらい飲めば効果が現れる?有効時間は?

最初のカプセルを摂取してから30分後ぐらいから効果がありますので、太陽光の下に出る30分前に飲むのがおすすめです。
効果は4時間ほどなので、4時間おきに摂取します。

1日にの摂取量の目安は?

フェーンブロック(Fernblock®)単独での推奨摂取量の情報はありませんでした。
IFCグループが独自で商品化しているヘリオケア(Heliocare)で言うなら、肌の種類および保護の必要性にもよりますが、1日当り1~2カプセルだそうなので240~480mgといったところです。

フェーンブロック(Fernblock®)の公式サイトは

IFCグループのフェーンブロック(Fernblock®)の公式ページは英語のみとなっています。

フェーンブロック(Fernblock®)のページはこちらです

Cantabria Labs researches, patents, develops, produces and distributes pharmaceutical products, cosmeceuticals and nutritional products to over 80 countries, wi...

フェーンブロック(Fernblock®)配合のおすすめサプリメントは

フェーンブロック(Fernblock®)を開発したIFCグループが、サプリメント『ヘリオケア(Heliocare)』も製造販売していますので、事実上独占状態です。
他にもフェーンブロック(Fernblock®)を配合している企業はありますが、ニュートロックスサン(NutroxSun®)と比較すると、探すのに苦労します。
日本の企業ではフェーンブロック(Fernblock®)を配合したサプリメントを提供している企業はありません。
海外の企業でも、フェーンブロック(Fernblock®)からPLエキスに乗り換えて価格が安くなったサプリメントもあるようなので、特許成分の使用量も高いのかもしれません。

どうしてもフェーンブロック(Fernblock®)にこだわるのであれば、ヘリオケア(Heliocare)の製品の中に、アジア人にあわせて成分を配合したヘリオケア for Asia』がおすすめです。

PLエキス

PLエキスの成分

PLエキスとはポリポジウム・ロイコトモス(Polypodium Leucotomos)から抽出されたエキスです。

フェーンブロック®もポリポジウム・ロイコトモス(Polypodium Leucotomos)から抽出されたエキスなのでPLエキスですが、正確には同じではないので「PLエキス」とかいてあれば、特許取得成分のフェーンブロック®ではないと考えます。

PLエキスの効果

PLエキスの効果はフェーンブロック®と同じ内容で紹介されているので省略します。
フェーンブロック®の効果をご参照ください。

どれぐらい飲めば効果が現れる?有効時間は?

最初のカプセルを摂取してから30分後ぐらいから効果がありますので、太陽光の下に出る30分前に飲むのがおすすめです。
有効な時間は商品化されているサプリメントによって違います。
配合されている量の違いでしょう。

1日にの摂取量の目安は?

PLエキス自体の推奨摂取量の情報は見つかりませんでした。
商品化されているサプリメントの目安に従いましょう。

PLエキス配合のおすすめサプリメントは

PLエキス配合のサプリメントでは『noUV』が人気がありあますが、これまでは日焼け止めの効果のみでした。
白人の作った日焼け止めサプリは美白は考慮されていないので、美白・美肌も求めるなら、新たに美白・美肌成分も加わったnoUV Care White』がおすすめです。

飲む日焼け止めの比較表

  ニュートロックスサン(NutroxSun® フェーンブロック(Fernblock®

PLエキス

成分

シトラスの果実とローズマリーの葉

ポリポジウム・ロイコトモス抽出エキス

効果
  • 細胞外マトリックス
    (コラーゲン、エラスチン
    など)の破壊を防ぐ
  • 細胞内のDNAの活性酸素による損傷を防ぐ
  • 炎症作用の最小化
  • 太陽光線に対する抵抗性
  • 抗酸化と抗老化
  • DNAの保護と修復
  • バリア機能の保護
1日の推奨摂取量 250mg

240~280mg
(PLエキスは商品による)

効果が出るまでの期間 56日から効果が出始め
85日で51.6%をブロック
飲んで30分後
有効時間 24時間
※日焼けした後も有効
4時間
(PLエキスは商品による)

もう塗る日焼け止めはいらない?

ニュートロックスサン(NutroxSun®)のサイトでは

皮膚が本来持つ日焼けのメカニズムへの影響はありません。

とあります。
白人は小麦色の肌に健康的な印象を持ちますので、肌が小麦色になることは気にしませんので、より完全に日焼け止めしたいなら、塗る日焼け止めを塗った方が無難です。

フェーンブロック(Fernblock®)配合のヘリオケア(Heliocare)のサイトのF&Qには

Do I still need to apply sunscreen?
まだ日焼け止めを塗る必要がありますか?

Yes, while Heliocare helps protect against sun damage and aging, it must always be accompanied by topical sunscreen during UV exposure.
はい、ヘリオケアは太陽光による損傷や老化から保護するのに役立ちますが、紫外線にあたっている時は必ず日焼け止めを塗ってください。

とあります。
こちらも美白を望むなら両方使うのが良さそうです。

それでも、紫外線でも近赤外線でも受ける健康ダメージ、光老化から保護されるのは嬉しいですね。

飲む日焼け止めの選び方まとめ

いかがでしたか?
飲む日焼け止めサプリメントの成分の違いと特徴はわかりましたでしょうか?
1年中紫外線や近赤外線のダメージから肌を守り、若々しいお肌を保つにはとても有効なサプリメントですね。
皆さんのお気に入りの日焼け止めサプリメントを選ぶ参考になればうれしいです♪

太陽の下で思い切り羽根を伸ばして、日差しを楽しんじゃってください

予 告
私が選んだのはニュートロックスサン(NutroxSun®)配合のサプリメントです。
選んだ理由は、ニュートロックスサン(NutroxSun®)配合のサプリメントは日本で作られていて、美白・美肌成分もしっかり入っているからです。
フェーンブロック(Fernblock®)やPLエキス配合のサプリメントで、美肌・美白成分が加わったサプリメントは、ニュートロックスサン(NutroxSun®)配合のものより高額になりますし、PLエキスのおすすめサプリメントは有効時間が2時間なので、うっかりものの私の場合は飲み忘れが心配でした。

というわけで、次回はニュートロックスサン(NutroxSun®)配合のサプリメント『インナーパラソル16200』を紹介しますネ

塗る日焼け止めとインナーパラソル16200の違い 塗る日焼け止め 塗る日焼け止めの特徴 お肌の表面に日焼け止めを塗り保護膜を作...

おすすめのUVケアサプリはこちらのページで紹介しています。

3種の紫外線と近赤外線の肌への影響 紫外線B波(UV-B) 紫外線B波(UV-B)を浴びることで体内にビタミンDが作られるため、...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♥

 Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします。

シェアする

フォローする