シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの使用感レビュー(口コミ)|大人気の理由に迫る!

Misuzu
ものすごい勢いで売れているという大人気の「シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェル」について、取り寄せてみて実際に使って大人気の理由を調べてみました。
シミウスジェルってどうなのかな?と考えていらっしゃる方は参考にどうぞ
スポンサーリンク

シミができるメカニズムと対策

なぜシミのメカニズム?

シミができるメカニズムを知っていた方が、シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルがどのように働くのかがわかり、より有効に使えます。
ポイントのみ説明するのでお付き合いください。

シミができるメカニズム

シミには多くの種類があり、残念ながら化粧品やサプリメントでは変化を望めないシミもありますが、今回は化粧品で予防できるシミについて、そのメカニズムを紹介します。

上の図はお肌の表面から0.2mmの厚さの表皮の断面図です。
表皮の中は4つの層に分かれていて、表面から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」と呼ばれます。

ターンオーバー

ターンオーバーとはお肌の細胞が次々と新しいものに入れ替わり、最後は角質層から剥がれて垢となって排出される仕組みです。
ターンオーバーのスタート地点は、唯一細胞分裂のできる基底細胞のある、表皮の一番奥の「基底層」で、有棘層の細胞となり、顆粒層の細胞、角質層の細胞と順に押し上げられていき、最後は排出されます。

メラニン色素を含む細胞

シミのもとである『メラニン』を作っているのは、表皮の一番下の基底層にある『メラノサイト』です。
メラノサイトで作られた黒色メラニンは細胞に取り込まれ、ターンオーバーの流れに乗って表面に移動します。
つまり、メラニンを含んだ細胞もいつかは垢となって排出されますが、メラノサイトがメラニンの生成を続ける限り、メラニンを含んだ細胞が常に作られ、表面からの見た目にはシミとなって肌に居座ります

シミの対策

化粧品やサプリメントによるシミ対策の基本は『新たなメラニンを作らせない』ことと、ターンオーバーが正常に行えるようにお肌を整えることです。

紫外線対策

1年を通してしっかり紫外線対策を行ってメラノサイトを刺激しないようにしましょう。

刺激

メラノサイトは、外部刺激によってもメラニンを生成してしまいます。
顔を強くこするなどの刺激を与えないようにしましょう。

生活の見直し

健全なターンオーバーの為には、栄養の偏りのない食事をして、質の良い睡眠をとるように心がけ、ストレスを溜めないようにします。
血液の流れを良くするために、軽い運動を取り入れるのもいいですね。
とはいえ、それ自体がストレスになるほど神経質になってしまってはかえってお肌に良くありません。
何が必要かを知っていて心がけているだけでも、何もしないよりは良い方向へ向かうと思いますよ。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの特長

美白*・美肌成分をたっぷり配合

美白*有効成分

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの、厚生労働省で認められた薬用有効成分は「プラセンタエキス」と「グリチルリチン酸ジカリウムです。
「プラセンタエキス」はメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを予防します。
「グリチルリチン酸ジカリウム」は直接メラニンの生成には関係ありませんが、炎症を抑える効果に優れているため、美白*化粧品に配合されているのを多く見かけます。

炎症もメラノサイトがメラニンを生成する原因のひとつですし、炎症があってはターンオーバーも乱れてしまいますので、抗炎症効果のある「グリチルリチン酸ジカリウム」は美白*化粧品にとって重要な役割をしていると言えます。

美肌成分

※ 画像はクリックで拡大表示します。

Webサイトの説明にはありませんが、シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルには水溶性コラーゲン液、ヒアルロン酸ナトリウムなどの保湿成分や、シコンエキスやカモミラエキスなどの美肌成分もしっかりと配合されています。
シコンエキスは数年前に美魔女のTV番組で紹介され、ブームになりましたね。

初心者でも安心のマッサージに最適なテクスチャー

マッサージを勧める理由

美白*とマッサージは関係ないように思えますが、実はマッサージを勧めるには大きな理由があります。
上の「シミの対策」で紹介しましたように、メラニンの排出には、正常なターンオーバーが不可欠です。
マッサージすることで表情筋とリンパをほぐして血行を促進することが、正常な肌の生まれ変わりの手助けになり、美白*をサポートします。
さらに、マッサージはリフトケアも期待できるので、一石二鳥というわけですね。

マッサージ用アイテムのテクスチャー

マッサージが良いことはわかりましたが、実はマッサージは初心者にはむずかしかったりします
力を入れ過ぎれば逆効果で、肌への負担になってしまいます。
表情筋やリンパの流れを無視して行っても逆効果。
たるみやしわを進行させてしまう可能性さえあります。

また、マッサージの時に使用するクリームやジェルは、すぐに乾いてしまったり、さらっとしすぎていて手で直接肌をこするような状態になるものはマッサージには適しません

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルのテクスチャーは少し硬めのゲル状で、乾きにくく、肌の上ですべりも良いので、マッサージが初めてのかたでも、より安心して始められます

1個で10役の多機能ジェル

  • 美白*サポート
    美白*マッサージジェル・美白*化粧水
  • ハリサポート
    美容液・化粧水・アイクリーム
  • 保湿サポート
    乳液・保湿剤・パック・クリーム・下地

10役とありますが、化粧水・乳液・美容液・クリーム・マッサージクリーム・パック・下地
の7役でも充分に魅力があると思います。

ちなみにオールインワンジェルには単品使いの他に、普段、化粧水・乳液・美容液と使い分けているかたにもおすすめの使い方があります。

  • 入浴時のパック
  • ぐったり時のお助けスキンケア
  • 本格スキンケアまでのつなぎスキンケア
  • 何度も顔を拭いたり洗ったりするときのサブアイテム

などなど、工夫次第で使えるシーンはいくつもあります。

詳しくは のページで書きましたので、興味がありましたらご覧ください。

[2017年]エイジングサインが気になる大人女性におすすめのオールインワンゲル|上手な活用法と選び方
そもそもオールインワンゲル(ジェル/クリーム)とは オールインワンゲル(ジェル/クリーム)は化粧水・乳液・美容液・クリームなど、通...

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの口コミ

5年前から販売している商品で、販売累計60万個も売れているので、口コミは@コスメをはじめ多くの場所で見られます。

高い評化の口コミ

肌のワントーンが明るくなった肌が潤ったという意見が多く見られました。
中にはシミが薄くなったという口コミもありました。
また、保湿に高い評価をしている人の中には、開いた毛穴にも効果があったという口コミもありました。
また、オールインワンゲル特有のモロモロが出にくいのもあげられていました。

低い評化の口コミ

低い評化の口コミの中には、シミに変化が感じられない肌が乾燥するという口コミが多く見られました。

シミに変化が感じられなかったのは、もともと化粧品では変化を望めないシミだったのかもしれませんね。
または、使用期間が短かかったのかもしれません。
ターンオーバーは若い人でも28日程度かかり、年齢を重ねるにつれ、その期間は長くなります。
年齢が高いほど、また、ターンオーバーが乱れているほど、変化が現れるには長い期間を要します
結論を出すには数ヶ月は様子を見ないと、正しい結論は出せないでしょう。

保湿効果については、お肌がどの程度乾燥に傾いているかによって意見がはっきり分かれるようです。
乾燥肌ではない、30代前半ぐらいまでの若い方なら充分な潤いを感じるようですが、やはり「乾燥肌」「インナードライ肌」など、より潤いが必要になっている肌には、保湿アイテムを追加する必要があるようです。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルが向いている人いない人

どうやら、シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルにはぜひ使ってみて欲しい「向いている人」と、あまり期待しない方がいい「向いていない人」がいるようです。

向いている人

  • 美白*もリフトアップもケアしたい人
  • 乾燥肌ではない人
  • 毎日マッサージができる人
  • 保湿が足りなければアイテムを追加しても良い人

向いていない人

  • 乾燥肌の人や乾燥が気になる年齢肌の人で、これ1本で済ませたい人
  • すぐにシミを消したい人
  • マッサージする時間がない人
  • 塗ってすぐサラサラになる使用感が好きな人

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの使用感レビュー(口コミ)

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの注文で届いたもの

 

※ 画像はクリックで拡大表示します。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルは、A4より少し大きいサイズで深さが7cmほどという大きめの箱で届きました。
中身はシミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェル本体と、サービスのフェイスマスクが3枚、それと印刷物がたくさん。
シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルのお手入れガイドが2種類あり、その他にシミウスシリーズのカタログや広告が入っていて、最近購入したコスメと比較して、印刷物がずいぶん多いという印象でした。

お手入れガイドブックには「美白マッサージ」の方法も分かりやすく書かれていて、マッサージが初めての人でも、迷わずに始めることができそうです。

今回はフェイスマスク3枚がサービスとして入っていましたが、これは時々変更されるようで、これまでも何度かサービス品の内容は変わっているようです。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの外観

 

※ 画像はクリックで拡大表示します。

ふたを開けるとスパチュラ(ヘラ)が入っていて、もう一枚内ブタがあります。
ヘラと本体が一緒になっているのは、別々に収納する必要がないので嬉しいですね。

内ブタを開けてすぐ見える薄紫の色は、容器の色が透けて見えているだけで、シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェル自体にはほとんど色はついていません。

ジェルのテクスチャーはプルンとしたポリマー感のあるジェルで、大きくすくってもすぐには落ちず、落ちるときも液体のように流れ落ちるのではなく、プルンとかたまりで落ちます。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの適量

  

※ 画像はクリックで拡大表示します。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの説明書には適量はスパチュラ2すくいで、12mm程度とありますが、スパチュラではどれだけをひとすくいとするのかわかりませんし、12mm程度とはどのくらいなのかピントきません。
そこで、適量がどれぐらいなのかを計算してみました。

シミウスは1個に60g入って、1ヶ月分となっています。
1ヶ月を30日とすると、1日分は2gですね。それを朝と晩で使用しますので、1回分は1gとなります。

【60g ÷ 30日 ÷ 2回 = 1g】

0.01gまで量れるハカリの上に丸く切ったラップを乗せて、その上でシミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの1gを量りました。

そのラップを手の上に乗せてみた写真と、平面い置いて1円玉と大きさを比較する写真を撮りましたが、1gの量はわかりますでしょうか?
確かに説明書通り、球のかたちにしたら、だいたい12mmの直径になりそうです。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの使用感

※ 画像はクリックで拡大表示します。

肌に乗せると、溶けるようにスルスルと良く伸び、すぐには乾かないので、ゆっくりとマッサージができます。
しっかりしたテクスチャーがマッサージの摩擦を和らげてくれているのが良くわかります。
成分表を見ると香料が入っているのですが、微妙にさわやかな香りがするだけで、私にはほぼ無臭に感じます。

私の場合はマッサージに慣れているので、手際よくやってしまい、マッサージを終えてもしばらくは乾かず、ベタツキ感を感じてしまいましたが、しばらくするとしっとり感に変わっていきます。
しっかりなじませれば、オールインワンゲル特有のモロモロも出ません。

保湿力はかなりあると思いますが、50代の私の肌では数時間後には少々物足りなさを感じてしまいました。
30代~40代のかた、50代でもしっかり潤っているかたならこれ1個でOKかもしれませんが、そうでない場合はこれの上に保湿力のある乳液などを足してやると使い心地がいいですよ。
また、入浴時のパックとして使用する分には全く問題ありません。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルのお得な買い方

公式サイトの定期購入がお得

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルは、現在楽天では取り扱いがありません
AmazonやYahoo!ショッピングでは取り扱いがあるようですが、単品購入でも公式サイトの方が安く買えるようです。
公式サイトで定期購入すれば、ずーっと20%OFFの上送料無料で買えるのでなので、さらにお得に購入することができます。

93.9%の人がリピート購入しているそうですが、もしも合わなかった場合も、シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの定期購入なら、たとえ1回の購入だけでも解約OKなので安心。
公式サイトで定期購入するのがおすすめです。

シミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルのまとめ

いかがでしたか?
今回はシミウス/薬用ホワイトニングリフトケアジェルの大人気の理由にせまってみました。
シミウスジェルは、単に薬用美白*ケアのジェルと言うだけでなく、リンパの流れや血流を良くする、美白*マッサージも取り入れた、よりシミができるメカニズムに挑戦するジェルだったのですね。
口コミでも顔色がワントーン明るくなったという口コミがとても多く見られました。
マッサージ効果でついでにリフトケアもできるなら一石二鳥です♪

「自分にあうかどうか不安。。。」と思う方は、1回だけの購入でも解約可能ですので、公式サイトで定期購入してみてはどうでしょうか。

化粧品やサプリメントでは消えないシミに進行する前に手を打ちましょう

美白*:日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことです。
※ 2017年7月の記事です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♥

 Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします。

シェアする

フォローする