世界標準の家事技術!フィリピン人による家事代行サービス『ピナイ家政婦サービス』の評判を口コミ

Misuzu
今、フィリピン人による家事代行サービスに人気が集まっています。
以前から人気があったサービスですが、今回はお勧めの業者『ピナイ家政婦サービス』を紹介します
スポンサーリンク

話題沸騰!フィリピン人による家事代行

今、フィリピン人による家事代行が話題になっています。

日本は基本的に、出入国管理法によって、外国人の家事代行サービス目的でのビザの発給は認められていません
しかし2016年から、大阪市と神奈川県が一定の条件を満たした事業者を認定し、その事業者が国家戦略特区制度を利用して雇用するフィリピン人スタッフによる家事代行サービスが、既に始まっていました。

そして2017年2月、ついに東京都が外国人による家事代行サービスを行う6つの業者を認定しました。
いよいよ東京でも国家戦略特区制度を利用した、外国人による家事代行サービスが始まります。

出稼ぎなの
「あれ?これまでもあったよ??」と思いましたか?
今までは日本人と結婚しているなどで、日本国籍を持ったフィリピン出身女性だったのですが、今後は家事代行サービス目的での就労ビザを持った、フィリピン国籍の女性が日本に働きにやってくるのです。

東京都の狙いは、女性の社会進出や社会での活躍の応援家事の負担の軽減中長期的な経済成長だそうです。

日本ではまだまだ「家事は女性が行うもの」というイメージが強いですが、女性も社会で活躍する諸外国では、「家事は家政婦が行うもの」という意識なのだそうです。
日本も超高齢化社会が心配される中、働き手を確保するため、女性を家庭に縛り付けている家事の負担の軽減が必要になってきているのでしょうね。

なぜフィリピン人?

世界標準の高い家事技術力

実はフィリピンンは『国策』として海外で働く人材の育成に力を入れていて、なんと国内総生産(GDP)の10%以上が、海外で働くフィリピンン国民が稼ぎ出す外貨なのだそうです。

その中でも家政婦という職業に力を入れており、フィリピンは世界一の家政婦排出国となっています。
国内にはいくつもの家政婦養成学校があり、卒業した者には国家資格が与えられ、家政婦のプロとして欧米や中東、シンガポール、中国と、世界に出ていきます。
諸外国ではその高い家事技術力から「家政婦を雇うならフィリピン人」と、フィリピン人家政婦が世界標準となっているほどなのだそう。

プロ意識が高い

日本人のフィリピン人に対するイメージは、スナックやパブなどの夜の商売をイメージする人が多いようですが、家事代行サービスで働くフィリピン人女性は、フィリピン国内で様々なハードルを越えてきた、いわばエリートです。
専門の学校で家事に対する技術を学び、日本語の教育も受けてやってきますので、非常にプロ意識が高く、無駄な動きのないてきぱきとした仕事をします。

日本語が簡単には読めない

フィリピン人家政婦さんは、日本語の勉強をして日本にやってきますので、簡単な会話はできますが、漢字・ひらがな・カタカナの混ざった日本語の文書は、読むことができません
というより、読めと言われたら苦痛でしょう。
つまり、うっかり見られたくないものがテーブルの上などに出ていても、フィリピン人家政婦さんには何が書かれているのかわかりませんし、興味も示しません。

私たち日本人が、知らない外国語の文書を見ても、読む気が起きないのと同じです。
会社経営者の方や、仕事で秘密にすべき文書を自宅に持ち帰って仕事をする場合でも、フィリピン人家政婦さんなら秘密が漏れる心配はありません

日常をのぞかれている感がない

例えば有名人や芸能人なら、多くの人がその日常生活に興味をもっていますので、他人が日常生活に入ると、どうしてものぞかれている感じがしてしまいます。
その点、フィリピン人家政婦さんは、日本の有名人も芸能人も『知らない人』ですから、日常生活には何の興味も示さず淡々と家事をこなして帰っていきます。
『知らない人』ですから、見てきたことをこっそりと噂をする、ということもありません。
有名人や芸能人ではなくても、日本人の家政婦さんだとどうしても家庭内をのぞかれている感を感じる人もいるようですが、フィリピン人家政婦さんならそれがありません。

程よい距離感

日本人家政婦さんの場合、何度もお願いしているうちに仲良くなり、ついついおしゃべりをしてしまうこともあるようです。
また、家政婦さんがずっと年上だったりすると、いいたいことも言いにくくなるといったこともあるようです。

しかし、フィリピン人家政婦さんは家事のプロとして仕事をしにやってきますので、長々と無駄話をするということはありませんし、プロとしてお客様に「家事作業の時間を売る立場」という関係をわきまえていますので、程よい距離感でお付き合いできます。
また、自分の母親程の年齢差ではなく30代~40代といった比較的若いスタッフなので、威圧感を感じることもありません。

陽気な性格

フィリピン人の国民性はおおらかで優しく、ホスピタリティ(おもてなしの心)にあふれた親しみやすい国民性です。
またとても陽気で明るく、初対面でも物怖じせずに会話ができ、とても社交的です。

英語の幼児教育

フィリピンの公用語は英語です。
小さなお子様のうちに英語を話す人が身近にいると、早いうちから英語を「コミュニケーションツール」として認識します。
テストの為に学習する英語と、誰かと話しがしたいから覚える英語では、学ぶ楽しさも、学ぶスピードも違います
家事の最後に数分だけお子様とお話をする時間を作ってもらうと、お子様の英語教育にも役立ちます

家事代行サービスとは

家事に充てる時間を買う

家庭の家事をお金を払って手伝ってもらおうとしたとき、どんな方法があるでしょうか。

ハウスクリーニングをお願いする。
家政婦紹介所で家政婦さんを紹介してもらう。
家事代行(ハウスキーピング)をお願いする。

この3つぐらいが思い浮かぶと思います。

ハウスクリーニングをお願いする

ハウスクリーニングは一般家庭では難しいエアコンの分解洗浄など、専門の器具や技術を使って綺麗にしてもらうサービスで、定期的な契約ではなく、1度だけの契約の場合がほとんどです。

家政婦紹介所で家政婦さんを紹介してもらう

これは家政婦紹介所に家政婦さんを紹介してもらい、家政婦紹介所へは紹介料を支払って家政婦紹介所との契約は終了。
家事を手伝ってもらう契約は紹介された家政婦さんと直接行います。

家政婦紹介所は紹介した後のことまでは責任を持たないことがほとんどなので、もしもトラブルがあれば、当人同士で解決しなければなりません
また、万一高価なものを壊されてしまった場合も、家政婦さんに弁償する能力がなければ補償はあきらめなければなりません

家事代行(ハウスキーピング)をお願いする

通常は定期契約で、週に何度か数時間だけ来てもらい「掃除」「洗濯」「整理整頓」「お料理」などの日常の家事を代行してもらいます。

家政婦との間に会社が入っているので、何かトラブルがあれば当事者同士ではなく会社が間に入ってくれますし、会社は保険に入っているので、万一高価なものを家政婦さんが壊してしまった場合も補償されます

また、毎日ではなく希望によって週に何度か、数時間程度といった利用のしかたができるので、かかる費用も抑えることもできるため、家政婦さんを雇うよりずっと敷居が低くなっています

『ピナイ家政婦サービス』が手掛けるサービスはこの「家事代行」サービスです。

なお、一般的な家事の代行なので、その範囲を越える、

  • 老人・病人の介護
  • 日曜大工・修理
  • 車の運転
  • 植木の剪定
  • 電話応対
  • マッサージ
  • 現金運搬・振込み
  • 運転代行
  • 大型犬や特殊な動物(猿・は虫類等)の散歩
  • 危険作業(重作業)
  • 高所作業

などは、家事代行サービスでは対応しないのが一般的です。

こんな人は家事代行サービスがおすすめ

仕事が忙しくて掃除や洗濯をしている時間がない。
スキルを上げるため勉強したいので家事をやる時間がない。
夫婦共働きで二人とも忙しく、家事を分担してもやりきれない
子育てと仕事に追われて充分に家事ができない。
2人目が生まれ、子育てに追われて充分に家事ができない。
週に1度でいいからゆっくり趣味に没頭したい。

1人暮らしの方が負担する家事や、共働き夫婦の仕事と家事・育児の両立など、家事代行サービスを利用することで生活の質が向上すると予想されるシーンはたくさんあります。
頑張りすぎず、家事代行を上手に取り入れて、時間にゆとりのある生活を送れるといいですね。

家事代行サービスを利用してみてわかる高い満足度

出典 野村総合研究所調査資料より

上のグラフは家事代行サービスを利用した方へのアンケートで、サービスの満足度のグラフです。
「とても満足している」と「まあ満足している」で、95.9%と、ほとんどの人が満足していると回答しています。

家事代行サービスでやってくるスタッフは、家事の技術を学んだ家事のプロなので、例えば掃除を例にとっても、一般家庭の主婦が普段気が付かない場所や、気にしていなかった場所まできちんと掃除してくれるので、自分が掃除するよりきれいになる印象があるため満足度が高くなるのだと思われます。
また、家事やってもらうことで生まれる“時間の余裕“も満足度を上げている要因でしょう。

失敗しないフィリピン人家事代行の選び方

ここまでの紹介で、フィリピン人の家事代行がとてもおすすめなのはお分かり頂けたと思います。
ここで、費用を抑えようとして失敗してしまわないようにいくつか注意事項を紹介いたします。

ハウスキーパー応募の張り紙は無視!

もし「人気のフィリピン人がハウスキーパーをします」などの張り紙を見かけても無視してください。
たとえ安価だったとしても、正式なビザを持っていない不法就労だったり、きちんと教育を受けていないどころか、窃盗を繰り返す悪質な家政婦もいるようです。
不法就労が発覚した場合、雇用側も3年以下の懲役、または300万円以下の罰金です。
張り紙を見ての雇用は直接雇用なので、トラブルの処理は全て自分で行わなければなりません。

家事代行マッチングサイトの利用は要注意!

家政婦紹介所と同様に家事代行マッチングサイトの運営者は、紹介後のトラブルに責任を追ってくれないことがほとんどです。
家政婦との直接契約になるので、何かが壊れても、何かがなくなっても、自己責任で対応しなければなりません。
時間にゆとりを作り、生活の質を高めるための家事代行サービスのはずが、とんでもないストレスを抱えることにもなりかねません。

フィリピン人家事代行サービスの選び方

家事の質と金額のバランス

フィリピン人家事代行サービスを選ぶ際は、スタッフの採用から気を使い、採用後の教育や研修がしっかり行われている企業が安心です。
しっかりした教育・研修のない企業のスタッフでは、スタッフごとに技術のばらつきが発生するうえ、プロ級のクオリティの高い家事は期待できません。
しかし、スタッフの教育に費用をかける企業は、どうしても時間単価に反映されてしまいますので、月間に支払う金額と、作業の質のバランスを見極めることが重要になります。

契約前にトライアルで見極める

人間同士のことですから、相性の見極めも重要です。
毎週自宅に来てもらうのですから、あまり良い印象を持てない人に来てもらっても、かえってストレスになりかねません。
家事代行サービスは、たいていは初回の料金がトライアルとして安く設定されているので、トライアルを受けて会ってから判断することをおすすめします。

キャンセルポリシー

毎週決まった曜日で決めていても、どうしてもキャンセルしなければならない事態は発生します。
その際に、キャンセル料が発生するのか、発生するならいつまでにキャンセルすればいくらになるのか、振替はできるのか等を調べておくことをおすすめします。

不在時の対応の可否

どこに何があってどのような家事が必要かなど、慣れてきたら不在時の対応も視野に入れれば、旅行に行くこともできますし、外出して趣味や仕事に時間を当てることもできますので、不在時の対応がしっかりしている企業をおすすめします。
「めちゃ×2イケてるッ!」でナインティナインの岡村さんも、鍵を渡していると言っていましたね。

フィリピン人による家事代行サービスなら『ピナイ家政婦サービス』がおすすめ

フィリピン人スタッフの厳しい採用条件

『ピナイ家政婦サービス』で働くフィリピン人スタッフは、身元保証人を立てることが必要で、さらに以下の書類の提出が義務付けられています。

雇用契約書
身元保証書
身分証明書(写)
身元保証人の身分証明書(写)
鍵の取り扱いについての誓約書
機密保持誓約書
プライバシー情報取扱誓約書

独自のカリキュラムで教育・研修

実務研修

経験豊かな家事代行のプロフェッショナルによるレクチャーとマニュアルで、規定の研修時間を受講します。

水回りお掃除テクニック
アイロン・ベッドメイキング術
貴重品取り扱い講座etc

マナー研修

家事代行の基礎知識、個人情報取り扱い、プライバシー守秘義務の考え方などの教育を受けます。

あいさつ・お辞儀
日本式接客の技術
個人情報の取り扱いetc

言葉の勉強

日本人とコミュニケーションをとるための日本語の勉強に加え、子供に英語を教えるときの注意点なども学習します。

美しい日本語を話す勉強
英語を子供に教えるときの注意点etc…

個人情報の管理とプライバシー守秘義務の徹底

スタッフ全員に「機密保持誓約書」と「プライバシー情報取扱誓約書」への記名・捺印を義務づけていて、採用後も定期的に研修を行って情報管理を徹底しています。

豊富な実績

『ピナイ家政婦サービス』を運営する会社、株式会社 ピナイ・インターナショナルの設立は2016年7月1日となっていますが、これは国が国家戦略特区制度による外国人家政婦の規制を緩和した際に社名を変更しているためで、家事代行サービスをスタートしたのは2013年からなのでフィリピン人による家事代行サービスに対し、充分な実績があります。

家事代行サービス『ピナイ家政婦サービス』の気になる料金は

『ピナイ家政婦サービス』では、週1回~週5回の定期プランを中心に、年末年始の大掃除や引っ越しなどの「スポットプラン」や、急な来客になどに間に合わせる「エクスプレスプラン」などがあります。
最初に『ピナイ家政婦サービス』のコンシェルジュと作業スタッフ2名が訪問してくれますので、その際に自分にとってどのコースが最適なのかを相談して決めるのが良さそうです。
ちなみに料金の詳細はウェブサイトにも載っているので大体の料金の見当は付けられます。

多くのメディアに取り上げられている家事代行サービス『ピナイ家政婦サービス』

2017年3月1日(水)放送のフジテレビ「ノンストップ!(nonstop!)」

東京都の国家戦略特区で注目されるフィリピン人の労働力と、家政婦大国であるフィリピンについてのサービスクオリティについて紹介。

2016年6月28日(火)放送のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」

東京都の国家戦略特区による家事代行の需要をうけて、家事代行に関する実態と、献身的に働くフィリピン人家政婦の様子を紹介。

2016年4月16日(土)放送のフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」

岡村隆史さんのご自宅の家事代行サービスを行っている風景を紹介。

2015年7月14日(火)放送のテレビ東京「コレって、いくら?」

フィリピン人家政婦の作業について紹介。

2014年11月18日(火)放送のテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」

衆議院解散を受けて廃案となった、外国人労働者受け入れ問題について、『ピナイ家政婦サービス』のコメントを紹介。

2014年4月8日(火)放送のフジテレビ「とくダネ!」

人気のあるフィリピン人家政婦について紹介。

『ピナイ家政婦サービス』の対応エリア

現在は東京都内23区ですが、順次拡大しているそうです。
対応外の地域でも対応できる場合があるそうなので、お問い合わせ時に尋ねてみましょう。

家事代行サービス『ピナイ家政婦サービス』の体験口コミ

良さそうなので実際に『ピナイ家政婦サービス』を利用してみたかったのですが、残念ながら私の家はサービス対応エリア外にあるのでトライアルを受けることができません。
仕方ないので、実際にトライアルと受けた方の体験レビューを紹介させていただきます。

掃除を家事代行サービスにお願いしてみた!

さて、いよいよ2時間のトライアルということでお掃除をしてもらうことにした。我が家は郊外のリノベーション済みマンションで、入居したのが約1年前。2歳になる娘がいるので、食べこぼし、おもちゃや生活雑貨の散らかり方は激しい(娘のせいだけでないが…)。掃除機は頻繁にかけているが、キッチンや風呂場など、水周りの手入れはどうしても後回しになってしまう。そういうわけで、2時間のうち、「普段できない水周りを優先的に」というオーダーになった。

この日、我が家のお掃除を担当してくれたのは、デルサさん。某有名タレントのお宅のお掃除を担当したこともあるという、超ベテラン家政婦さんだ。

まずは、水周りでも特に油汚れなどの大敵が待っているキッチンから。私は小まめに掃除できないくせにナチュラルクリーニングを心がけ、日ごろ重層やクエン酸スプレーでなんとか掃除しているのだが、やはりそれだと磨き残しが多々あるよう。思わず「汚いね!」とハッキリ言ってくれるところがまたフィリピン人の方らしい(笑)。デルサさんには潔く一般の中性洗剤と、研磨力のあるマイクロファイバータオルやタワシを使ってもらい、ガス台やシンク、調理台や調理器具など磨いてもらっていった。コーヒーメーカーなどの調理器具や調味料の瓶など「こんなところも!」と自分では普段気がつかない部分にまで目が行き届き、そのきめ細やかさに感心。

結果、キッチンは1時間強を要したが、入居直後のようにピカピカになった。
風呂場も浴槽以外は普段なかなか手が回らないのだが、床や壁、天井や子どもが遊ぶアヒルのおもちゃなどの備品まで磨かれていて、電球の光量がワントーンアップしたのか?と錯覚するほど。家事スキルの高さに驚いた。(私のスキルの低さが露呈したということも…)

一緒にいた娘は、初めて会う家政婦さんにおっかなびっくりしながらも、「きれいきれいしてる!」と興味津々の様子。ピナイのサービスにベビーシッティングはないのだが、英語による歌遊びや、絵本の読み聞かせもしていただけるそうで、掃除の最後に、このような時間を希望する子持ちの利用者も多いという。

子どもが遊ぶ部屋のお掃除をしてもらったあと、我が家も最後に娘に英語で話しかけたり、歌って相手をしてもらった。第二のお母さんのように、使い慣れた部屋を一生懸命掃除してくれるデルサさんの姿に娘も心を開き、途中から後を追っかけたり、掃除の邪魔をするくらいまで打ち解けていた娘は、安心してしまったのか、デルサさんの腕の中でウトウトし始めた。

出典 TOKYOWISE

フィリピン人による家事代行サービスまとめ

いかがでしたか?
専業主婦の給料を計算しているサイトは多くありますが、各作業を特に大げさではない時間給で計算しても、月給で45万円ぐらいにはなるそうです。
小さなお子様がいる家庭ではさらに高額になるのだとか。

私も家事を行う主婦の端くれなので分かりますが、家事ってけっこうな重労働なんですよね。
どうしても拘束されますし、きちんとやろうと思えば思うほど自分の時間はなくなっていきます
仕事が忙しくなると、最低限の家事しかできなくなり、仕事がひと段落すると溜まった家事の処理に追われて、なんだかいつも時間が足りないと感じています。
私のように感じている主婦(夫)の方や、一人暮らしの方も多いのではないでしょうか。
家事代行サービスという仕組みがあるのだから、自分に合った家事代行サービスを見つけて利用し、時間にゆとりを作って、もっと生活の質を高めたいですね

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♥

 Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします。

シェアする

フォローする