下地効果のある日焼け止めと日焼け止め効果のある化粧下地どっちを使う?|もう迷わない!正しい日焼け止めの選び方&使い方

Misuzu
夏が近くなると化粧下地、BBクリーム、ファンデーション、パウダーそれぞれに日焼け止め効果を持った新商品が登場し、美白*効果のある薬用日焼け止めなどもあって、どれをどう選び、どの順序で使ったらいいか迷いませんか?
今回は正しい日焼け止めの選び方&使い方を紹介させていただきます。

*:メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐことです。

スポンサーリンク

日焼け止め成分

日焼け止めの成分には大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」がありそれぞれ以下のような特徴があります。

紫外線吸収剤

特徴

紫外線を吸収して熱などの別の物質に変えて、お肌に紫外線が当たらないようにブロックします。

メリット

汗や水で落ちにくいウォータープルーフの機能を持つことができます。
また、無色なので白浮きする心配がなく、なめらかで、つけ心地が良いのが特徴です。
以前は紫外線をブロックする力が強いことがメリットとしてあげられましたが、最近は紫外線吸収剤不使用でも同等の効力があるものも増えてきました。

デメリット

熱などに変える際に紫外線吸収剤自体も変質していき、効力がなくなっていきますので、塗り直しが必要になります。
また、熱などに変える化学反応や、放出される熱などがお肌への刺激になる場合があります
最近ではシリコンなどでコーティングすることで、紫外線吸収剤が直接肌に触れないように工夫され「敏感肌でも使える」とされているものも多いですが、誰にでも刺激にならないわけではないので、敏感肌の方が使用する場合は注意が必要です。

また、以前はウォータープルーフの場合、専用のクレンジングが必要で、その洗浄力の強さがお肌の刺激になると、デメリットとしてあげられましたが、最近の日焼け止めのほとんどは、普段使っているクレンジングや石鹸で落ちるようになっています。
選ぶ際は念のため、「普段使っているクレンジングや石鹸で落ちる」と説明されているものを選ぶと良いでしょう。

紫外線散乱剤

特徴

紫外線を反射してお肌に当たらないようにブロックします。

メリット

紫外線散乱剤自体は変質しませんので、紫外線吸収剤のようにお肌に刺激になることはありませんし、汗で流れたりしない限り紫外線をブロックしてくれます。
最近は粒子の大きさを調節することで、PCの液晶やスマホから発生するブルーライトや近赤外線までもブロックするタイプも登場しています。
また、デメリットだった白浮きを解消するため、粒子をナノサイズまで小さくして、白浮きしにくくなった商品も多く見られます。

デメリット

ナノ粒子ではない、従来の紫外線散乱剤は白浮きしてしまうので、それが嫌な場合は「無着色」など、白浮きしない旨の説明があるものを選びましょう。
ただし、ナノ化した粒子を吸い込む事への健康への影響も疑問視されており、まだ研究段階なので、あえてナノ粒子ではない、白浮きする紫外線散乱剤を選択するという考え方も選択のひとつかもしれません。

また、以前はつけ心地の悪さがデメリットとして紹介されていましたが、最近の商品は工夫されてなめらかなつけ心地のものも多くあります。
試用できるようなら試用してチェックしてから購入を決めると良いでしょう。

また、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは、水や汗で流れやすいのも特徴でしたが、最近は、紫外線吸収剤のウォータープルーフまでの耐水力はありませんが、水や汗に強めの商品もありますのその点もチェックしましょう。

日焼け止めの成分や強さで選ぶ

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどちらを選ぶ?

最近の日焼け止めは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方が配合されていて、両方のメリットが得られる日焼け止めも多くなりました。
美白*しながら紫外線カットする、医薬部外品の薬用日焼け止め美容液という商品や、ニキビ・肌荒れを予防しながら日焼けをブロックする薬用日焼け止め美容液など、日焼け止め以外の付加価値のついた商品も多く発売されています。

紫外線吸収剤が刺激にならず、使用しても問題ないようなら、そういった付加価値で選択しても良いでしょう。
どうしても紫外線吸収剤に刺激を感じてしまう場合は、紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と書かれた日焼け止めを選択したほうが無難です。
ただし、紫外線吸収剤が入っていなくても、紫外線散乱剤の光触媒作用が刺激になったり、配合されている他の成分に反応していて、逆に紫外線吸収剤配合の日焼け止めは大丈夫だったなどという例もあるようなので、お肌の弱い方はパッチテストを行ってから使用した方がいいかもしれません。

*:メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐことです

日焼け止めの強さの選び方

一般的にSPFやPAの値が大きいほどお肌への負担は大きいとされていますので、お肌の為には日焼け止めの強さは使用するシーンによって使い分ける必要があります。

日常の日焼け止め

SPF10~29/PA+
直射日光に当たるのは通勤やお昼休憩の時だけ、または買い物と散歩の時だけといった、日常使いの場合はSPF10~20代/PA+で充分とされています。
強い日焼け止めを使うよりは、この程度の日焼け止めをこまめに塗り直すことの方が重要です。

屋外でのレジャーや軽いスポーツ

SPF20~39/PA++
河原でバーベキューや子供と遊園地など、日常よりは日光に当たるけど、炎天下ではないといった場合はSPF20~30代/PA++で充分とされています。
こちらもこまめに塗り直すことが重要なのは同じです。

屋外での激しいスポーツや炎天下でのレジャー

SPF40~50+/PA+++以上
夏は海水浴やプール、冬はスキーなど、紫外線を非常に強く浴びてしまう状況下や、特に紫外線に弱い人の場合は、できるだけ高い値の日焼け止めを選びます。
ただし、お肌への負担を考え「その時だけ使う」という使い方をしましょう。
こちらもこまめに塗り直すことが重要なのは同じです。

日焼け止め効果のあるコスメを選ぶ

最近は色々なアイテムに日焼け止め効果が追加されていて、その境界が曖昧になっています。
メイク下地効果のない日焼け止め
メイク下地効果のある日焼け止め
日焼け止め効果のあるメイク下地
日焼け止め効果のあるBBクリーム
日焼け止め効果のあるファンデーション
日焼け止め効果のあるフェイスパウダー

どれをどう選んで良いか迷ってしまいますよね。
まずは「日焼け止め」「メイク下地」「BBクリーム」「ファンデーション」「フェイスパウダー」のそれぞれについておさらいしましょう。

それぞれの主な役割

日焼け止めの役割

紫外線や近赤外線といった太陽光の影響からお肌を守るアイテムです。
主な役割は「太陽光をブロック」することです。

メイク下地の役割

お肌表面のキメの乱れや毛穴の開きを目立たなくし、お肌の色を整えます。
その後に続くファンデーションをの密着度を高め、化粧崩れを防ぎ、ファンデーションやアイメイクとお肌の間に入ることで、メイクを落としやすくもします。
主な役割は「メイクの仕上がりを良くし、良い状態をキープ」することです。

BBクリームの役割

BBクリームはメイク下地の機能ももったファンデーションといった位置づけになります。
これだけでベースメイクが完了するので手軽ではありますが、メイク下地とファンデーションをきちんと選択して重ねた方が、思い通りの仕上がりになるという意見もあります。
主な役割は「手軽にベースメークが完了」することです。

ファンデーションの役割

お肌の見た目を美しく整え、花粉や大気汚染物質などからお肌を守り、余分な皮脂を吸着して、美しい見た目を保ちます。
主な役割は「お肌の見た目を美しく整える」ことです。

フェイスパウダーの役割

ファンデーションの代わりに、またはメイクの仕上げとして液体状のファンデーションの上に使用して、皮脂や汗を吸収して化粧崩れを防ぐのが主な役割です。
主な役割は「お肌の見た目を美しく整える」ことです。

日焼け止めの使用量

SPF値・PA値の評価方法

SPF値やPA値の評価方法は、ISO-24442やISO-24444を元に日本化粧品工業連合会で規定されており、1cm2当たりに2mgまたは2μLの試料を被験者の皮膚に塗布して人工太陽灯による照射を行い、塗布した場所としない場所の最小紅化時間を測定して評価します。
この基準でSPF値やPA値が決められているので、商品に書かれたSPF値やPA値の効果を得たければ、1cm2当たりに2mgまたは2μLを使用する必要があります
それでは顔全体にはどれぐらいの使用量になるでしょうか。

顔に使用する場合の使用量

日本人女性の大人の女性の顔の面積はだいたい400cm2だそうです。
家にあったフェイスパックの大きさを測ってみると、長辺(横)が25cmで短辺(縦)が20cmでしたので、この値を楕円の面積を計算してくれるサイトで調べた結果、約393cm2と出ましたので、なるほど約400cm2ですね。
(これに首やデコルテは含まれていません。)

1cm2当たりに2mgまたは2μLなので、必要な量は

400cm2×2mg=800mg(0.8g)
400cm2×2μL=800μL(0.8mL)

となります。
0.01g単位で量れるハカリを使用して量ってみました。

■ メイク下地

※ 画像はクリックで拡大表示します。

ハカリの上にラップを載せて、その上で化粧下地を0.8g分出してみました。
そのラップを手の上に乗せてみましたがいかがでしょうか?
ラップを二つ折りにして歯磨きを絞り出したような形にしてみましたが、これを見ても量の多さがわかります。(下に敷いてあるマットの柄は1cmのメモリです。)
これが0.8gです。
メイク下地やBBクリーム、リキッドファンデーションをこの量で使用する方はいらっしゃいますでしょうか?
私はせいぜいこの1/5ぐらいです。

■ 日焼け止め

※ 画像はクリックで拡大表示します。

ハカリの上にラップを載せて、その上で日焼け止めを0.8g分出してみました。
そのラップから日焼け止めを絞り出して手の上に乗せてみましたがいかがでしょうか?
通常、500円硬貨大を使用すると説明される日焼け止めは多いのですが、だいたい500円硬貨の大きさですね。
適量を1円硬貨大と説明されている商品も多いですが、500円硬貨大使用した方が安心なようです。

※ 画像はクリックで拡大表示します。

私の場合、この量を一度に付けることはありせんが、2回に分けて重ねづけするのでこれぐらいの量は使っていると思います。

日焼け止め以外は日焼け止めの効果がメインではない?

メイク下地やBBクリーム、リキッドファンデーションの、適量の説明でよく見かけるのは「パール1~2粒大」または「あずき1~2粒大」ですよね。
このパール(あずき)1粒の大きさは明確には書かれていませんが、おおよそ5mmの直径を示すそうです。
日焼け止めの必要量0.8mLに対しパール(あずき)1粒5mmの直系の球体の容量はどれぐらいでしょうか?

0.8mL(0.8cm3)を立方体の1辺の長さは約0.93cm(3√体積)になります。
0.8cm3の立方体の中に1辺が5mmの立方体を書き、その中に直径5mmの球を書いてみました。
ずいぶん少ない気がします。
実際パール(あずき)2粒を使用量として、0.8mLの半分、0.4mLの球体の直径を計算すると約9mmになってしまいます

では適量パール1~2粒大とはなんでしょうか?
充分な日焼け止めの効果が得られる量」ではなく、「薄く広がり、美しい仕上がりになる量ではないでしょうか。

SPF50+以上、PA++++以上の値はありませんから、もしかしたら、SPF50+以上、PA++++以上の強力な日焼け止めの効果があり、パール1~2粒でも表示通りの日焼け止め効果があるのかもしれませんが、あまりにも量の差が大きいですし、そんな期待はしない方がいいと私は考えます。

日差しの強いときの対策は日焼け止めに任せよう

SPF50+、PA++++だからとメイク下地またはファンデーションだけを使用していたら、全然足りていなかったということも起こり得ます

日差しが強い季節や状況では、SPF/PAの表示されている値の効果をしっかり得るため、0.8g以上の量の日焼け止めを使った方が安心です。
また、首やデコルテや腕や脚などをしっかりガードするためには、色のつくメイク下地やファンデーションは使いにくいですから、顔以外は色のつかない日焼け止めの出番です。

では、メイク下地やファンデーションなどに日焼け止め効果は不要かというとそうではなく、メイク下地やファンデーションなどにも日焼け止め効果があれば、日焼け止めが層になって日差しをブロックするので、より高い日焼け止め効果が得られます

日焼け止めは日焼け止めにまかせ、メイク下地やファンデーションは本来の目的である「肌を美しく見せる」のに適した量で使用するのが良さそうです。

日焼け止めの使い方

日焼け止めとメイク下地などを塗る順番

メイク下地の主な役割は「メイクの仕上がりを良くし、良い状態をキープ」することです。
メイク下地の上に日焼け止めを塗ってしまっては、その効果が充分には得られませんので、化粧水や乳液などのスキンケアが終わったら、最初に日焼け止めを塗り、日焼け止めがなじんだらメイク下地を載せます。

BBクリームなど、メイク下地が必要ない場合、BBクリームの後に日焼け止めを塗ると、部分的によれてしまったりと綺麗に仕上げるのが難しくなります。
主な目的が「肌を美しく見せる」アイテムは、化粧水や乳液などのスキンケアが終わったら、最初に日焼け止めを塗り、日焼け止めがなじんでから塗ることで、仕上がりの良い状態が作りやすくなります。
※ 使用方法に順序が記載されている場合はそれに従ってください。

日焼け止めの塗り方

顔・首・デコルテ

Step 1

容器を振って混ぜるタイプの日焼け止めは、まずはしっかり振り混ぜます。
適量の半分を手に取り、額、両頬、鼻、あごの5点にのせます。

Step 2

顔の中心から外側に向かって広げていきます。
この時、ほうれい線のあたりは斜め上に向かって引き揚げ、耳の横で下になでおろすように塗ります。
あごは下から上へ、優しく引き上げるように塗ります。
これはフェイスマッサージと同じような動きです。

Step 3

耳や耳の裏、首、うなじ、デコルテも忘れずに塗り広げましょう。

Step 4

適量の半分を手に取り、Step 1~3を繰り返します。
この時、頬骨の高いところや鼻など、特に日に当たりやすい箇所は塗り重ねるのも有効です。

Step 5

すぐに次のメイク下地などを塗ると、よれてしまったり、ぽろぽろと消しゴムのかすのようなものができてしまったりときれいに仕上がりにくくなります。
日焼け止めがしっかりなじんだのを確認してから次のステップに進みましょう。

腕・脚

1本の線のように日焼け止めを置き、全体に塗り広げます。
ヒジ・ヒザの裏や足の甲などは、塗り忘れしやすいので、特に意識して塗るようにしましょう。

フェイスパウダーも活用しよう

日焼け止め機能を持ったフェイスパウダーも多くの種類が発売されています。
フェイスパウダーなら塗り直しも簡単に行えますし、簡単なメイク直しにも使えます。

近赤外線やブルーライトもカットしてくれるパウダーもありますので、今お使いの日焼け止めが近赤外線やブルーライトをカットする成分が入っていないなら、メイクの最後に近赤外線やブルーライトもカットしてくれるパウダーを重ねれば、それらの対策にもなります。

お肌の調子を整えよう

お肌はもともと刺激をバリアする機能や自己回復する機能を持っていていますが、それにはうるおった健康な肌である必要があります。
夏でも油断せず、しっかりと保湿して、スキンケアをきちんと行い、バランスのとれた食事と十分な睡眠を心がけて、健康な肌を保ちましょう。

なめらかに整ったお肌の上にのせた日焼け止めの効果は、そうでないお肌に乗せるより高い効果が期待できます。

おわりに

いかがでしたか?
日焼け止め効果のあるメイク下地か、メイク下地効果のある日焼け止めか、それとも日焼け止めとメイク下地を別々に使うか。
疑問は解決しましたでしょうか。

主な目的が紫外線・近赤外線対策の場合、0.8gの量をつけられるかどうかで判断します。
日焼け止め効果のあるメイク下地は、あくまでメイク下地なのでまず難しいでしょう。
メイク下地効果のある日焼け止めの場合は、0.8gの量を塗っても自然な仕上がりになるかどうかで判断します。
しかし、そういった商品はあまり見かけません
色のつかない日焼け止めできちんとガードした上に、肌をきれいに見せるアイテムを、厚塗りにならない量を重ねた方が自然で美しい仕上がりが期待できます。

ひと手間かかりますが、しっかり紫外線・近赤外線対策しつつ、ナチュラル美肌メイクを実現しましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♥

 Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします。

シェアする

フォローする