知っているようで知らない手肌のエイジングケア

手荒れを心配する女性

Misuzu
本気のエイジングケアハンドクリーム『ナールスロゼ』の使用レビューと口コミ調査|自然なバラの香りでギフトにもおすすめ」を書くにあたり、手肌のエイジングケアについも記載したら、とんでもなく長くなってしまったので記事を分けました。

手の肌は顔の肌と比較してとっても丈夫にできているので、手入れを怠りがちですが、実はとっても老けやすいんです。
働き者の手肌をいたわってあげましょう

スポンサーリンク

もともと手肌は老けやすい

手は常に動いているうえ、カラダのなかで最も刺激を受けるパーツです。
その分、手の肌は丈夫にできていますが、体の中で最初に老化が現れるのも手の肌だと言われています。

お肌はその部位によって多少構造が違いますが、手の場合は一番表面の「角質層」が比較的厚く、「皮脂腺」が少ないので皮脂が分泌しにくく、ふっくらしたお肌をつくる『真皮』が比較的薄いのが特徴です。
手肌は構造上からも、もともと乾燥しやすく、しわになりやすいなど、老けやすいパーツなのです。
若々しい手肌を保つには、保湿するだけのハンドクリームではなく、しっかりとエイジングケアしてくれるハンドクリームを選ぶのが吉♥

手肌の老化の症状

実際に手肌の老化の症状とは、どのようなものでしょうか?

  • ハリやつやがない
  • 指のフシがふくれ、指がゴツゴツしている
  • 手の甲の肉が減り、骨っぽくゴツゴツしている
  • 血管が浮き出ている
  • 乾燥してカサカサしている
  • シワが目立つ
  • シミがある

家事も仕事も手を抜かない、働き者の主婦なら心当たりがあるのでは?
こんな状態の手では、いくら顔のスキンケアを頑張っても、実年齢よりも老けた印象を相手に与えてしまいます。
働き者の手だからこそ、しっかりいたわってあげたいですね。

手肌の老化の原因

ダメージを受ける手

対策を考えるにはまず原因を知る必要があります。
ここでは主な手肌の老化の原因を見ていきましょう。

紫外線によるダメージ

手肌の老化の一番の原因は、水仕事よりも紫外線なのだそう。
働き者の主婦は手に日焼け止めを塗ってもすぐに洗い流されてしまうので、結局なんの防御もしないで紫外線にさらしてしまいがち。
洗濯ものを干したり、庭の手入れをしたり、車の運転でも紫外線にさらし続けています。
紫外線の中でもUV-A派は真皮まで届き、お肌をふっくらさせているコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、しわなどの『光老化』を招きます。
また、メラニンの生成を促進して『シミ』の原因ともなります。
紫外線は夏だけでなく1年中降り注いているので、手肌は1年中紫外線のダメージを受けていることになります。

乾燥によるダメージ

手肌の若々しいハリやツヤには、『保湿』することが最も重要ですが、もともと手肌は乾燥しやすい構造をしています。
その上洗剤を使う水仕事の繰り返しや乾燥した冬の大気、夏のエアコンによる乾燥などの影響でさらに手肌は乾燥します。
手肌が乾燥すると、肌を保湿し刺激から守るバリア機能』が弱ってしまい、紫外線を含む外部からの刺激の影響を受けやすくなってしまいます。
その結果手肌の老化を進めてしまったり、手荒れや手湿疹などのこまった症状を招いてしまいます。

血行不良によるダメージ

心臓から遠い位置にある手は血行が悪くなりがちです。
冷え性などの症状がある場合はなおさらですね。
血行が悪いと新陳代謝がスムーズに行われにくくなり、手肌の細胞の生まれ変わりである『ターンオーバー』にも影響します。
その結果ツヤが失われ、メラニンの排出がスムーズに行われないためシミが出やすくなります。

加齢によるダメージ

ふっくらしたお肌を作っている、真皮にあるコラーゲンやエラスチンは年齢とともに減少していきます。
もともと薄い手肌の真皮は、年齢とともにますます薄くなり、ごつごつとした印象や血管が透けて見えるなど、年齢とともに老けた印象が進行していきます。

手肌のエイジングケア

守られている手

紫外線をブロック

紫外線は季節によって強弱はありますが、1年中降り注いています
特にUV-Aはガラスも通り抜けるほど強力で、お肌では真皮まで届いてコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるとされています。
一年を通して室内にいるときも、手への日焼け止めはしっかり塗りましょう
もし手のひらに残る日焼け止めの感触が不快に感じるなら、手の甲にしっかり塗った後、手のひらや指先はウェットティッシュで拭いてしまうといいでしょう。

頻繁に手を洗うなどで塗り直しが面倒な場合は、UVケア用の手袋を活用するのも良いですね。

乾燥をブロック

手肌のエイジングケアを考える場合、油分で水分の蒸発を防ぐだけのハンドクリームでは不十分です。
肌が本来持っている保湿因子に着目して、それらを補うハンドクリームを選びましょう。

保湿因子?
お肌の保湿因子って何?

バリア機能

バリア機能

お肌の保湿因子とは、お肌の表面を覆っている「皮脂膜」と、皮膚構造の一番表面、0.02mmの角質層にある『NMF(天然保湿因子)』 と『セラミド』のことを言うのよ。

  • 水分の蒸発を防ぐ皮脂膜(皮脂と汗が混ざったもの)
  • 水分を吸着するNMF(天然保湿因子)(Natural Moisturizing Factor)
  • 水分を挟み込むセラミド(角質細胞間脂質)

これらが揃っていてこそ、お肌が本来持っている「バリア機能」が整い、健康的で潤った手肌を保つことができるの。
だからエイジングケア目的でハンドクリームを選ぶときは、これらの保湿因子に着目しているかどうかを見極めることが大切なのよ。

血行不良を改善

血行を改善するには、ハンドクリームを塗る際にマッサージもするのが効果的。
血行も良くなりますし、手の甲や手の平にはツボがたくさんあるので、ツボ刺激にもなりますよ

また、入浴や運動も血行を良くします。
お風呂はシャワーだけで済まさず、湯船に浸かるように心がけましょう。
運動は、家事をしっかりやったり、よく歩くだけでもOK。
一駅歩くなど意識して体を動かすように心がけるといいですね。

手肌のエイジングケアまとめ

いかがでしたか?

手の肌が最も老けやすいなんて、気をつけないといけないですね。
働き者の手だからこそ、しっかりいたわってあげたいものです。
深いしわやシミができてしまってからでは、化粧品で改善することは難しくなってしまいます。
そんなことにならないように、または、今以上老けてしまわないように、手肌のお手入れを見直しましょう☆

この記事はハンドクリームの記事を書いていて長くなり過ぎたので分割したものです。
独立させるなら他にも書きたいことがあるので、折を見て追記していきます(9`・ω・)9


おすすめのエイジングケアハンドクリームはこちら

手は顔の次に人目に付くパーツ。ふと自分の手を見て「おばあさんみたい。。。」と思ったことはありませんか?顔のお手入れがばっちりでも、手を見たら「この人、意外と高齢?」なんて思われてしまうかも。本気で手肌のエイジングケアを考えましょ☆

おすすめのUVケア・美白ハンドクリーム(夏用)はこちら

手のUVケアを怠るとシワ・シミが目立つ老け手に。夏も保湿を怠らず、ついでにUVケアや美白もできるハンドクリームを活用しましょう。オススメはコレ♪
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♥

 Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします。

シェアする

フォローする