チェルラーブリリオ(アルマード) VS ビューティーオープナー(オージオ)を比較して選ぶ|あなたはどっちの卵殻膜美容液?

どちらか迷う女性

Misuzu
加水分解卵殻膜を配合した化粧品に人気が集まっていて、試してみたいと考えている人も多いようですね。
てっとり早くて実感しやすいのは美容液。
そして、今まで使っている基礎化粧品はそのまま、洗顔後の最初に1アイテム足して、その後の化粧品の浸透まで高めてくれるブースター美容液が使いやすい♪

この条件を満たすのがアルマードの「チェルラーブリリオ」とオージオの「ビューティーオープナー」ですが、この2つの商品、とても良く似ていてどちらがいいのか迷う方も多いのでは?

そこで実際に両方を使った私が、私の感想も含めて分かり易く比較してみますネ。

スポンサーリンク

成分の比較

薬品のイメージ

卵殻膜エキスの濃度

チェルラーブリリオ ビューティーオープナー
全体の95% 全体の95%

これはどちらも同じですね。
ところで「卵殻膜エキス」ってなんでしょう?

それは全成分表示を見ると分かります。

全成分

チェルラーブリリオ ビューティーオープナー
BG加水分解卵殻膜
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、
フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、
エリンギウムマリチムムカルス培養液、
ムクゲカルスエキス、
水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、
水溶性コラーゲン、グルコシルセラミド、
スクワラン、ノバラ油、イランイラン花油、
α-グルイアン、マンニトール、レシチン、
グリセリン、PVP、キサンタンガム、
PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール
BGペンチレングリコール加水分解卵殻膜、
ヒアルロン酸Na、スクワラン、
カンゾウ根エキス、バラエキス、
ローズマリー油、レモングラス油、
ニオイテンジクアオイ油、デキストリン、
オレイン酸ポリグリセリル-10、
クエン酸Na・クエン酸

化粧品(医薬部外品を除く)は、配合量の多いものから順に記載する(ただし1%未満は順不同)という規則があります。
実は化粧品というのはほとんどが「水」なので、95%が卵殻膜エキスというこは、卵殻膜エキスとは水+加水分解卵殻膜」、またはそれにBGやペンチレングリコールを含むものを示すようですね。

そうなると同じ95%でも肝心の「加水分解卵殻膜」の濃度は、どちらが濃いのかは分からないのです。
ただ、両方使ったことのある方なら知っていると思いますが、卵殻膜特有の臭いがあって、その臭いはチェルラーブリリオの方が濃いんですよね。。。(ぼそっ

加水分解卵殻膜の製造会社

チェルラーブリリオのアルマードは卵殻膜のパイオニアと言われています。
実は卵殻膜に最初に目をつけたのは現アルマードの会長で、最初はマヨネーズでおなじみの株式会社キューピーに開発を依頼し、加水分解卵殻膜を配合した化粧品が誕生したのだそうです。
そんな経緯から、株式会社キューピーも現在、加水分解卵殻膜を扱っているんですよ。

しかしアルマードはその後、東京大学との共同研究を始め、現在も研究を重ねています。
だからもちろんチェルラーブリリオには、アルマード独自の技術による加水分解卵殻膜が使われています。

さて、ビューティーオープナーはどうでしょう?
実はビューティーオープナーの公式サイトにある、使われている卵殻膜エキスの説明のところに、東京大学との共同研究との説明があります。

東京大学とのかかわり

この説明、チェルラーブリリオの公式ページにもありますね。
というか、アルマードの会長が載ってるし💦

そう、少なくともビューティーオープナーの加水分解卵殻膜はアルマード製です。

最近チェルラーブリリオがリニューアルし、卵殻膜エキスの精度が上がったと発表しています。
販売元は常に最高品質の成分を使うのは世の常ですね。
そして販売元だから、加水分解卵殻膜を購入するという余分な経費はかかりませんので、その分他より安く化粧品を製造することができます。

卵殻膜エキス以外の美容成分の比較

チェルラーブリリオ

話題の美容成分「EGF(ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)」や「フラーレン」が加水分解卵殻膜の次に書かれています。
多めに入っていることはうかがえますが、フラーレンには推奨濃度がありますので、それが書かれていないということは推奨濃度ほどは入っていないということでしょうか?
また、その次に次世代エイジングケア成分と言われる「リンゴ果実培養細胞エキス」をはじめとする植物幹細胞エキスが3種配合されています。
ただし、リンゴ幹細胞エキスも2~5%という推奨濃度があるので、書かれていないということは2%を切っているのかもしれませんね。

とはいえ、メインは卵殻膜エキスなので十分と言えば十分かもしれません。

ちなみに「卵殻膜以外の高価な美容成分はいらないわ」という方には、卵殻膜エキスメインの「スーパーオーディ」という美容液もアルマードでは用意されています。

ビューティーオープナー

これと言って高額な美容成分は入っていないようです。

添加しないものの比較

チェルラーブリリオ

合成香料 着色料 鉱物油 アルコール 石油系界面活性剤

ん?「PEG-60水添ヒマシ油」は石油系界面活性剤なのですが。。。💦💦

まぁ「PEG-60水添ヒマシ油」は使用実績が古く、刺激性がほとんどない安全な成分だし、成分表の位置から見て1%未満だから気にしませんが。
あと、フェノキシエタノールという防腐剤は入っていますね。

ビューティーオープナー

合成香料 着色料 鉱物油 アルコール 防腐剤

防腐剤まで入っていないのは魅力ですね。
防腐効果を無視しているのではなく、保湿剤のBGやペンチレングリコールに抗菌性があるため、防腐剤不使用とできていると思われます。
オレイン酸ポリグリセリル-10は合成界面活性剤ですが、石油系ではなく天然由来の界面活性剤で、石油系よりは低刺激と言われています。

価格の比較

ショッピングカートと電卓

  チェルラーブリリオ ビューティーオープナー
容量 15ml(約1ヶ月分) 18ml(約1ヶ月分)
通常価格(税込) 6,480円 6,264円
定期初回(税込) 2,138円 2,134円
定期価格(税込) 4,980円 4,466円
購入回数の約束 なし なし

チェルラーブリリオの方が定期初回は4円、定期価格は514円と、若干高いようですね。
しかし、品質の違いを加味してどう判断するかですね。

売れているのはどちら?

ビューティーオープナーは、東京商工リサーチ調べ2017年7月~12月で、国内で販売される卵殻膜エキス90%以上配合の美容液の中で、売上げシェア第1位を獲得したそうです。
どうやら本家を差し置いて、ビューティーオープナーの方が売れているようですね。

昨年から両方の動きを見ていますが、ビューティーオープナーは宣伝が上手いです。
チェルラーブリリオのアルマードは、昔からTV通販もやっていて、そちらで売り上げが上がっていたので、インターネット広告に甘さがあったように思います。

気がついたら自分の会社の加水分解卵殻膜で、売り上げを追い越されていたという感じでしょうか?
慌ててチェルラーブリリオをリニューアルして、ビューティーオープナーに戦いを挑んでいるように見えます。
それでも今のところ、”インターネット広告対決”ではビューティーオープナーに軍配が上がっているようですね。

テレビショッピングを見ている人口と、インターネットを見ている人口の差を考えれば勝負は歴然?かもしれません。

私はどっちを選んだのか

こっちが好き

私は最初にビューティーオープナーを1本使って、次に旧製品のチェルラーブリリオを使いました。

チェルラーブリリオを初めて使った時は衝撃でした。
卵殻膜特有の香りの濃さが全然違うのです。
当時はビューティーオープナーが卵殻膜エキス94%で、チェルラーブリリオは高濃度としか記載がなかったのですが、明らかに「こっちのが濃いやん・・・」となりました。

当然、お肌への実感度も違います。
そのままチェルラーブリリオを定期購入して、今も続けています。
リニューアルして香りは弱まりましたが、精度が上がったとのことなので、香りが弱まったのはそのせいかもしれません。
弱まってもまだビューティーオープナーよりは強く香ります。

さて、あなたはどちらを選びますか?(`∂∀≦´)-☆

おすすめの卵殻膜美容液はこちら

[参考文献]  第6版 化粧品成分ガイド
参考文献

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♥

 Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします。

シェアする

フォローする