coyori 美容液オイルを活かす高保湿温泉化粧水の口コミ|しっとりとさっぱりの違いをチェック

高保湿温泉化粧水アイキャッチ画像

Misuzucoyoriの美容液オイルは単体使いもできますが、美容液オイルの効果を最大限に引き出すために作られたcoyoriの高保湿温泉化粧水もあわせて使うと、美容液オイルの浸透(角質層まで)を高めてくれます。
さらに、汗の代わりとなる化粧水と皮脂の代わりとなるオイルで皮脂膜を再現し、お肌を若く保つ相乗効果が得られます
特にお好みの化粧水がないなら、両方を使うのがオススメです♪

高保湿温泉化粧水に配合されている美容成分は美容液オイルと同様に、日本国内で採れる素材から作られる自然由来成分が使われ、化粧水では91%が自然由来成分です。
化粧品は自然派化粧品という方にもピッタリ

本品を買う前に試してみたい方には、美容液オイルと相性のいい化粧水クリームも試せる、3品とも入った「14日間ハリ体感セット」というトライアルセットがあります。
14日分で6,166円分が、1,480円(税込・送料無料)で用意されていますので、お試ししやすくなっています。

トライアルセットに入っている高保湿温泉化粧水は「しっとり」タイプで、私のオススメも「しっとり」タイプですが、高保湿温泉化粧水には「さっぱり」タイプも用意されています。
有用な美容成分は同じなのですが、何が違うのか細かく調べましたので参考にしてくださいね (`∂∀≦´)-☆

※ 本文中の「浸透」は角質層までです。
※ 本文中の「エイジングケア」とは年齢に応じたお手入れのことです。

高保湿温泉化粧水のMisuzuの口コミを先に見る
coyoriトライアルセット専用ページ見るならこちら

スポンサーリンク

高保湿温泉化粧水は保湿と浸透を高める

日本最古の美人の湯を配合

日本最古の美人の湯

紫外線や摩擦などの刺激で受けるダメージや、加齢による新陳代謝の衰えから、古い角質がいつまでも肌表面に残って、お肌表面は次第に硬くなっていきます
硬くなったお肌に保湿成分を乗せてもお肌には浸透しにくく、水分補給も保湿も充分にはできません。

coyoriの高保湿温泉化粧水には、もともと皮脂と混ざりやすい性質のある「温泉水」が使われています。
coyoriの高保湿温泉化粧水で50%以上もの割合で配合されている、日本最古の美人の湯と言われる「玉造温泉」の源泉は、もともと浸透しやすい温泉水の中で、更に水分が浸透しやすい特徴を持っているのだそう。
水分が浸透しやすい温泉水で角質を柔らかくして、角質層や毛穴への美容成分の浸透を助けます

また、温泉水は油分となじみやすい性質があるので、そのあとに使う美容液オイルの浸透も高めてくれます

玉造温泉の泉質

ナトリウム/カルシウム/硫酸塩/塩化物泉(弱アルカリ性)

化粧水とオイルで美肌を保つ皮脂膜を再現

人が本来持っている、肌の表面で外部からの刺激から肌を守り、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐバリアの役割の一端を担うのが「皮脂膜」です。
皮脂膜は「」と「皮脂」が混ざり合ってできていますが、年齢とともにその量と質が変化することが、肌の乾燥の原因の一つになっています。

coyoriではこの皮脂膜に着目して、皮脂膜を整える成分を中心に化粧品を設計しています。
高保湿温泉化粧水は、水分を補って美容成分の浸透を助けると同時に、皮脂膜の「」の役割を担い、美容液オイルが「皮脂」の役割を担うことで、若々しいお肌を保つ「皮脂膜」を再現しています。

高保湿温泉化粧水の成分

5種の和漢・植物エキス+その他の国産自然素材で自然由来成分91%

高保湿温泉化粧水の特長は、なんと言っても美人の湯「玉造温泉」のミネラル豊富な温泉水を50%以上も配合していることですが、美容成分も充実しています。

しっかりと保湿する成分、皮脂不足のケアする成分、お肌を外部の刺激から守ったり、肌内部の水分の蒸発を防ぐバリアを整える成分など、厳選された和漢・植物エキスを5種、配合しています。

全成分を見ると、その他の成分もほとんどが国産自然素材の成分でできています。
なんと全体の91%が自然由来成分なのだそう ゚+.(o,,〃ω〃)o +.*

徳島産ユズ果実
ユズ
人のセラミド(細胞間脂質の主成分)と近い性質のある天然の植物セラミドです。
細胞間脂質の状態を整える効果があり、それによりお肌のバリアをサポートして肌内部の水分を保持し、潤ったお肌を保ちます
沖縄産アロエベラの葉
アロエベラ
アロエベラの葉には有用な成分が多く、保湿をはじめ、紫外線によるダメージもケア
ほかにも炎症を抑えてお肌を健やかに保ったり、余分な皮脂をコントロールするなど、お肌にたくさんの良い作用が期待できます。
三重産サラガメ
サラガメ
お肌の保湿のかなめである「セラミド」とNMF(天然保湿因子)をサポートして、お肌の水分の蒸発を防ぎ、しっとりとうるおった肌を保ちます
沖縄産アセロラ
アセロラ
ビタミンCがとても多く、その量はレモンの約34倍ともいわる、ビタミンC補給に良い果実の代表のような果実ですね。
他にビタミンA、チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、ナイアシン(ビタミンB3)などを含んでいて、お肌を健やかな状態に保つ作用が期待できます。
北海道産舞茸
舞茸
食べると美容効果の高い舞茸ですが、マイタケ子実体エキスには皮脂を作り出す機能をサポートする作用があり、皮脂不足によるエイジングの悩みを根本からケアしてくれます。

高保湿温泉化粧水の全成分

全成分と、その成分が何由来なのかを表にしました。 興味のある方は「」アイコンをタッチ(クリック)して開いてくださいね。

高保湿温泉化粧水(しっとりタイプ)全成分
成 分 素 材
温泉水 島根の玉造温泉
精製水
グリセリン ヤシ・パーム
BG 合成
プロパンジオール トウモロコシ
マルチトール 合成
ペンチレングリコール 甜菜
ベタイン タピオカ・トウモロコシ・馬鈴薯・甘薯
アセロラエキス 沖縄産アセロラの果実
アロエベラ葉水 沖縄産アロエベラの葉
ユズ果実エキス 徳島産柚子の果実
マイタケ子実体エキス 北海道産舞茸
褐藻エキス 三重産サガラメ(海藻)
オリーブ油 オリーブの果実
セイヨウアブラナ種子油 アブラナの種子
オレイン酸ポリグリセリルー ナタネ
キサンタンガム トウモロコシ・大豆
アルギニン トウモロコシ・発酵
クエン酸Na 発酵
クエン酸 発酵
フェノキシエタノール 合成
高保湿温泉化粧水(さっぱりタイプ)全成分
成 分 素 材
温泉水 島根の玉造温泉
精製水
グリセリン ヤシ・パーム
BG 合成
プロパンジオール トウモロコシ
ペンチレングリコール 合成
ベタイン 甜菜
マルチトール タピオカ・トウモロコシ・馬鈴薯・甘薯
アセロラエキス 沖縄産アセロラの果実
アロエベラ葉水 沖縄産アロエベラの葉
ユズ果実エキス 徳島産柚子の果実
マイタケ子実体エキス 北海道産舞茸
褐藻エキス 三重産サガラメ(海藻)
オリーブ油 オリーブの果実
セイヨウアブラナ種子油 アブラナの種子
オレイン酸ポリグリセリルー ナタネ
アルギニン トウモロコシ・発酵
クエン酸Na 発酵
クエン酸 発酵
フェノキシエタノール 合成

高保湿温泉化粧水の「しっとり」タイプも「さっぱり」タイプもCoyoriの美容液オイルと同様に、ほとんどが自然由来の成分です。

成分表記では、含まれる量が多いものから順に書き1%以下は順不同という基準があります。

4番目に出てくる合成成分「BG」はブチレングリコールのことで、保湿剤としての他、防腐や殺菌の効果、ビタミンCの酸化を防ぐ効果があります。
刺激が少ないため、敏感肌用の化粧品のベース剤としてよく使われる成分ですね。

6番目に出てくる「ペンチレングリコール」は、防腐効果のある保湿成分です。

最後に出てきている「フェノキシエタノール」は防腐剤です。
防腐・抗菌作用のある保湿剤を併用することで、防腐剤を最小限に抑えているようですね。

肌に良くない成分は無添加

Coyoriの化粧品は、肌への安全性を重視しているので、お肌の刺激になる可能性のある以下の成分は全て無添加です。

パラベン/石油系鉱物油/石油系界面活性剤/シリコン/合成香料/タール系色素/紫外線吸収剤/殺菌剤/合成酸化防止剤/旧表示指定成分/動物由来原料

高保湿温泉化粧水の「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」の違い

しっとりタイプとさっぱりタイプの見た目

高保湿温泉化粧水には「しっとり」タイプと「さっぱり」タイプがありますが、配合成分の違いは「キサンタンガム」が入っているかいないと、一部の成分の配合量が違うようです。

「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」の全成分比較表

高保湿温泉化粧水の「しっとり」タイプと「さっぱり」タイプの成分を、表示名称で比較してみましょう。

しっとりタイプ さっぱりタイプ
温泉水 温泉水
グリセリン グリセリン
BG BG
プロパンジオール プロパンジオール
マルチトール ペンチレングリコール
ペンチレングリコール ベタイン
ベタイン マルチトール
アセロラ果実エキス アセロラ果実エキス
アロエベラ葉水 アロエベラ葉水
ユズ果実エキス ユズ果実エキス
マイタケ子実体エキス マイタケ子実体エキス
サガラメエキス サガラメエキス
オリーブ果実油 オリーブ果実油
セイヨウアブラナ種子油 セイヨウアブラナ種子油
オレイン酸ポリグリセリル-5 オレイン酸ポリグリセリル-5
キサンタンガム
アルギニン アルギニン
クエン酸Na クエン酸Na
クエン酸 クエン酸
フェノキシエタノール フェノキシエタノール

しっとりタイプにだけ入っている「キサンタンガム」は、肌の表面に保護膜を作って保湿性を高める特徴があります。
また、微量で高い粘度を出すことができる成分で、しっとりタイプのとろみは主にこの成分によるものだと思われます。

他の違いは、水色の部分の成分の並び順が違っています。
3種とも主に保湿目的で配合される成分ですが、ペンチレングリコール」はさっぱりとした感触の保湿剤なので、さっぱりタイプでは多めに配合されているようですね。

「しっとりタイプ」は第三者機関による「シワ効能効果」試験済み

「しっとり」タイプも「さっぱり」タイプも有用成分は同じなので、季節によって、または好みによって使い分ければいいと思いますが、大きな違いが一つあります。

「しっとり」タイプは日本香粧品学会の「化粧品機能評価法ガイドライン」の「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に基づく試験を行い、乾燥小じわへの効能効果を確認しています。

乾燥小じわが気になる方は、「しっとり」タイプを選びましょう (`∂∀≦´)-☆

高保湿温泉化粧水(しっとりタイプ)のMisuzuの口コミ

高保湿温泉化粧水の外観

  • トライアルセットの化粧水と100mlの本商品

写真左はトライアルセットに入っていた50mlの高保湿温泉化粧水で、右は本商品1か月分の100mlの高保湿温泉化粧水です。

どちらも透明なプラスチックの容器、白いキャップで、デザインも同じです。
キャップを開けた内蓋は、ごく普通の穴あきキャップでした。

手に持ったサイズ感と全成分表示

  • トライアルセットの化粧水を手に持ったサイズ感

手に持ったサイズ感はこんな感じです。
トライアルセットの50mlでも結構大きいですよね。
実際、2週間以上もちましたよ。

全成分は、本商品は容器の裏に書いてありますが、トライアルセットは外箱の裏に書いてありました。

無色透明の化粧水

化粧水のアップ

容器が透明なので拡大して撮るまでもなかったかもしれませんが、化粧水のアップがこんな感じ。
しっとりタイプはかなりとろみのある化粧水で、香りはありません。

肌にのせた様子

  • 手の甲に化粧水を乗せる

手の甲に広げてみました。
とろみがあるので、手の甲にもしっかり乗っていますね。
この量では手の甲だけでは量が多すぎて、べたべたになってしまいますので、手首までのばしました。
しっかり浸透させると、ベタツキは感じませんが、肌表面が見えないベールでおおわれているような感触で、保湿力が高いのがうかがえます。

でも、化粧水だけではやはり私の肌では時間がたつと乾いてきますね。
次の美容液オイルは必須です。

14日間使った感想

私は高保湿温泉化粧水だけではなく、美容液オイルとセットで使いました。
美容液オイルの量が多すぎると、少しべたつく感じはありますが、保湿力はあります。

人の肌の保湿機能で、皮脂膜の役割は3%程度と言われていますが、coyoriの化粧水+美容液オイルの保湿感は3%を補っただけとは思えません。

成分を見ると、しっかり角質層のケアもしているようなので、皮脂膜を整えることに加えて、お肌全体のケアを行っているのだと思います。
私の場合はこの季節(秋)ではクリームまでは不要でした。
トライアルセットのクリームは、2週間では使い切れませんでしたので、冬の乾燥の季節に活躍してもらう予定です。
トライアルセットの小さな容器は持ち運びにも便利そうです♪

でもかなりの乾燥肌さんには、coyoriの化粧水+美容液オイルだけでは物足りないかもしれないので、その場合はクリームを追加してみましょう。

高保湿温泉化粧水の他の方の口コミ

口コミイメージ

8年も売れ続けている商品なので、口コミもたくさんあります。
ネットで見られる口コミを見ていると、高い評価の口コミばかりで、残念な評価の口コミはほとんどないですね。

でも残念な評価がなかったわけではないので、いくつか紹介しますね。

残念な評価の口コミ

もう少し使い易い価格になると良いのですが、オイルとセットだと考えると少し高く思います。
単品でどれ程の効果があるのか いささか不明です。

使い初めて3日ですが、少し痒くなりました。まぁ、敏感肌なんで(笑)

刺激はないけれど、保湿力が物足りなかった

匂いも刺激もなく使い安いです。が特に変化も無く、、、悪くは無いですが、このお値段ではリピートはしません。

高い評価の口コミ

いろんな商品を試してみましたが…この化粧水はめちゃめちゃよいです(≧∇≦)
お風呂上がりにパッティングしながら浸透させると、モチモチの肌になります!
その後にオイルを包みこむように優しくつけると…匂いにも癒され、朝起きてからもモチモチの肌が続いてます。先日、肌の水分を測ったら20代並の水分でした。

もともと敏感肌ではなかったのですが、ある日から突然肌のトラブルに。。。
パラベンの含まれる化粧水を使用すると顔全体が真っ赤になり、かゆみも生じるという最悪な状態でした。
母に勧められてオイルを使用しており、購入した際にお試しで化粧水が1本付いており、恐る恐る使用したところ、刺激は全くなくしっかり潤ってくれて感激しました。
それ以来ずっと愛用しています。

最初は美容オイルだけを使用していましたが、この化粧水をいただいたのでオイルと一緒に使ってみました。
私の肌は敏感肌なので、合わないと肌がヒリヒリ、そして赤くなってしまいます。
でもこの化粧水はヒリヒリするどころか肌に吸い付くように馴染みました。
肌が若々しさを取り戻してきているのを実感出来るようになっています。
乾燥する冬でも、きっとこのセットなら大丈夫。そんな安心感も与えてくれます。

付けてみるとすぐ浸透するし、全くベタベタしません。
1回の使用でかなりの保湿を感じることが出来ます。
使い続けていると、段々と内側からふっくらするような保湿力と、ハリがあります。

アトピーがあり、超敏感肌の私です。
化粧水選びは本当に大変です。
敏感肌用と言われていても真っ赤になってかゆくなることもしばしば・・・。
でもこちらは大丈夫でした!

高保湿温泉化粧水の口コミまとめ

高い評価の口コミ

高い評価の口コミで多かったコメントは、以下の通りです。

  • 敏感肌でも使える
  • 保湿力がある
  • べたべたしない
  • 肌がモチモチになった
  • 肌にハリが出た

高い評価の口コミのなかで多かったのが、使える化粧品が少ない敏感肌のかたでも問題なく使えるという喜びの声と、保湿力があるという声でした。
気に入って何度もリピートしているという方も多かったですね。

※ これらは個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

残念な評価の口コミ

残念な評価の口コミで多かったコメントは、以下の通りです。

  • 値段が高い
  • 効果を実感できない
  • 保湿力が足りない
  • かゆくなった

値段が高いと感じた方は、得られる効果に対して高いと感じたのでしょうから、もっと効果を実感できる、ご自分にあったスキンケア化粧品を探した方がいいかもしれませんね。

かゆくなってしまった方は残念です。
植物などの自然由来の成分はお肌に優しそうに見える反面、小麦やそばにアレルギーがある人もいるように、実はどうしてもどれかの成分に反応してしまう人もいます。

異常を感じた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

アレルギーのある方や敏感肌のかたは、自分に合わない成分が入っていないか、全成分で確認なさるでしょうが、成分に問題がなくても、トライアルセットが用意されているものは、まずはトライアルセットで試してみるのがいいですね。

coyori 高保湿温泉化粧水のお試しは「14日間ハリ実感セット」で

14日間ハリ実感セット

  • coyori3品トライアル正面

coyoriのトライアルセットは、いくつかの種類が用意されていますが、そのなかで高保湿温泉化粧水が試せるトライアルセットに、「14日間ハリ体感セット」があります。
高保湿温泉化粧水美容液オイル、それと濃密クリームがセットになっていて、14日分6,166円分が1,480円(税込・送料無料)で試せます。

この3点セットなら「化粧水と美容液オイルをセットで使ったら。。。」を試せますし、もしも「物足りない。。。」と感じたら、クリームを足してみることもできます。
coyoriの美容液オイルや高保湿温泉化粧水に興味を持ったら、この3点セットのトライアルセットがオススメです☆

セット内容はそれぞれ14日分で、高保湿温泉化粧水が50ml、美容液オイルが10ml、濃密美容クリームが10g入っています。

高保湿温泉化粧水(しっとりタイプ)濃密美容クリームは、日本香粧品学会の「化粧品機能評価法ガイドライン」の「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に基づく試験を行い、乾燥ジワへの効能・効果を確認している実力派ですよ♪

トライアルセットは、coyoriの公式サイトとは別の専用ページがありますので、下のリンクから専用ページに行ってくださいね。

トライアルセットを買うとしつこく電話がかかってくる?

トライアルセットを買うと、しつこく電話がかかってくるのではないかと心配になりますよね?
私は化粧水・オイル・クリームを試せるトライアルセットを取り寄せてみましたが、一切電話はかかってきませんでした。
情報が欲しいので、メールは届くようにしてありますが、それも嫌ならWeb上のマイページで止めることができますから心配はいりません (*´ᴗ`*)

Coyoriの社員さんに突撃インタビュー

Coyoriの社員さんに質問!

実はしっかり用意したわけではないのでインタビューとは言えないかもしれませんが、先日、Coyoriの社員さんにお話を伺う機会があり、質問もしてきましたので、その内容を報告しますね。
このページが長文すぎるので、別ページにまとめました。
興味のある方はごらんください。
Coyoriが、自然派エイジングケアコスメを選ぶ人に人気がある理由が分かりますよ♪

インタビューの内容はこちら

coyoriの高保湿温泉化粧水まとめ

coyoriの素材と化粧水

いかがでしたか?

coyoriの美容液オイルを買うなら一緒に、という位置づけの化粧水ですが、高保湿温泉化粧水という名の通り、これ単品でもかなり優秀な化粧水でした。

日本中の温泉から厳選して、肌になじみのいい温泉水の中でも特に浸透力のある「玉造温泉」の源泉を50%以上も配合して、美容成分の浸透を高めています。
その美容成分は、保湿を助け、お肌を整える5種の和漢・植物エキスの他、91%が自然由来の美容成分でした。

皮脂膜に着目した自然派化粧品ですが、ヒトの保湿機能の皮脂膜の役割はわずか3%です。
しかし実際に使ってみると驚くほど保湿力があり、保湿の最後の砦である、「皮脂膜」を整えるとともに、角質層の働きをしっかりサポートしてくれているのが分かります。

汗の役割を果たす高保湿温泉化粧水と、皮脂の役割をする美容液オイルで皮脂膜を再現しますので、是非両方使いたいですね。

お試しは14日分6,166円分が1,480円(税込・送料無料)で試せる「14日間ハリ体感セット」で、気軽に試しましょう ♪(°▽^ *)ノ⌒☆

coyori 美容液オイルの口コミはこちらです

年齢を重ねるごとに乾燥肌に傾きます。その原因の一つが皮脂の減少と変質。皮脂のケアに着目したCoyori 美容液オイルは、ほとんどの成分が日本国産の素材でできています。乾燥はケアしたいけど肌に優しい自然のものをとお考えでしたら、ピッタリな美容液ですよ♪
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♥

 Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします。

シェアする

フォローする